仕事と志事(しごと と しごと)

こんにちは。

さて、今日は仕事と志事(しごと と しごと)という事でちょっと書いてみます。

芸能の「しごと」って、どっちだと思いますか?

私は芸能のしごとは、志事(しごと)だと思っています。

では何が違うのかというと見ての通り字が違うのですが、言葉の意味をどうとらえるかだと思うんです。

ちなみに私はどう捉えているかというと・・・

仕事(しごと)・・・仕える(つかえる)事

志事(しごと)・・・自分がそれを志す(こころざす)事

だと思っています。

仕事は「仕える事」であり、たとえば会社員ならお給料を頂いて会社に仕えているので、自分で動かなくとも先輩や上司、つまり会社からやるべき事を頂けます。

例えば、○○さんあれやっておいて、とか、××さんにこれお任せしたいんだけど、というように大体は仕えている事により、待っていれば仕事が来る事が多いと思います。(もちろん全てではありませんが)

一方、志事(しごと)は「志す事」であり自分から積極的に動かない限り誰も何もしてくれません。

当たり前ですよね、自分が志す事なのだから自分が動かない限り何も変わりません。

モデルになりたい、女優になりたい、歌手になりたい、というのは全て自分がそうなりたいのであって、いきなり事務所がその人をそうさせてあげたいわけではありません。

普通の会社員でいたい人に、事務所が声かけて女優にしてあげるよ?と言ったところで、声をかけられた人にとっては大きなお世話な訳です。

女優でもモデルでもいいですが、まず最初に自分で○○になりたいというが有って、それに対して努力を惜しまない姿勢と行動があるから、それに対して事務所がアクションを起こすわけです。

事務所というのは所属している人が夢を叶えられる様にサポートする事が役割であり、「事務所ありき」ではなくあくまでも自分の志ありきなんです。

志が無い人、その為の自助努力やアピールが無い人にはサポートのしようがありません。

なので、努力どころかアピールもしない、何もしない人には事務所も何もしません。

逆に自分から積極的に動けば、徐々に事務所をはじめ周囲が一緒に動いてくれるようになります。

そうすると志事というのは徐々に自分に舞い込んでくるようになり、色んな事がやらせて頂ける様になります。

何が言いたいかというと、芸能というのは会社員や一般的な仕事と違って事務所に入っただけでは何もしてもらえませんよ、という事です。

事務所に入ったら黙ってても何かやらせてもらえると考えるのは、「仕事」という考え方に立っていると思います。

これはある意味、事務所に入って活動する事を、就職かアルバイトか何かと勘違いしているという風にも見えてしまいます。

一方、事務所に入って自分から事務所に対して、レッスンやりたいです!あれやりたいです!これやりたいです!っていう感じで猛アピールしてやる気を見せるのは「志事」という考え方に立っていると思います。

つまり、仕事ではなく「志事が出来る人」が事務所に入ってから色々な事をやらせてもらえます。

これから芸能を目指す方はぜひ、仕事ではなく志事という考え方を身につけると良いのではないかと思います。

ではでは~

--------------------------------------------------------

ただいまV-Creationでは女優・タレント志望の新人を募集しています!

募集要項は事務所のオーディション応募フォームをご覧ください。


出来るだけ負担が無いように、所属費0円、宣材撮影費0円、
その他いろいろな面で負担を小さくして
活動しやすい環境を構築しています。

お話だけ聞いてみたい方でもOK!

オーディションフォームの募集要項をご覧の上、
ぜひご応募ください。

LogoLarge.png

--------------------------------------------------------


この記事へのコメント