【再投稿シリーズ】素直さの重要性

おはようございます。

先日宣言した通り、過去に芸能に関して書いた記事を再掲載していきます。

色々考えた結果、タイトルは元のものとは若干または大幅に変える事にしました。

より内容が判るタイトルにしていきたいと思います。

ちなみに、世の中いろんなメジャーな超大手さんからうちのような小さい所まで、多くの事務所さんがあります。

なので、事務所ごとに考え方や重要視するポイントが違うと思いますので、それを念頭に置いて読んでください。

あくまでもV-Creationはこれが大事だと考えている、という事です。

さていくつか必要な事というのは有るのですが、今回は「素直さ」ついて書きます。

「素直さ」

これはとても大事なものですし、絶対に必要です。

素直じゃないとまず仕事が頂けるようになれない、つまり相手にされない事が多いです。

素直じゃないという事はどういう事か。

・何かにつけすぐ口ごたえする。

・何かにつけ文句を言う。

・まだやってもいないものを勝手に「私は出来ません」と決めつける。

・自分の思い通りにならないとふてくされる。

・自分のやりたい事と合わないからと言って、「やりたくない」と断る。

・気に入らない事があると現場に来ない。

・まだ無名なのに不平不満ばかり言って仕事を頂けることの有り難さが理解できない。

etc・・・

素直じゃない人というのはこういう行動や言動を起こしがちなので、当然仕事を振る方も避けるようになります。

無理にやらせても現場とのトラブルにつながりやすいし、本人を納得させるのにも「時間」という「コスト」が素直な人に比べて余分にかかる。

そんな時間的コストもかかってトラブルになるかも知れない恐れを含んでる人に仕事を頼みたいと思う事は、よほど何か光るものを持っているかメジャーな方でもない限り、まず無いでしょう。

それであれば、素直に仕事を受けてくれる人に仕事を回すのは一般企業でも同じこと。

結果として、素直な人の方が仕事が増え知名度も上がりギャラも増える事につながります。

また、素直であればさらに新たな仕事も舞い込みやすくなりますから、ますます知名度は上がりやすくなりギャラも増えやすくなります。

なので、「素直さ」というのは本人の為にもとても大事で、必要な要素なのです。

と、いう訳で、今日は「素直さ」について書いてみました。

参考になるかどうかは分かりませんが、お読み頂けたら幸いです。

次回は、「謙虚さ」について書きたいと思います。

ではでは。

--------------------------------------------------------

ただいまV-Creationでは女優・タレント志望の新人を募集しています!

募集要項は事務所のオーディション応募フォームをご覧ください。


出来るだけ負担が無いように、所属費0円、宣材撮影費0円、その他いろいろな面で負担を小さくして活動しやすい環境を構築しています。

お話だけ聞いてみたい方でもOK!

オーディションフォームの募集要項をご覧の上、ぜひご応募ください。

LogoLarge.png

--------------------------------------------------------


この記事へのコメント