【再投稿シリーズ】挨拶が出来ないと仕事は貰えない

こんにちは。

さてさて、今回は再投稿シリーズの第3回目として、「挨拶」について書きたいと思います。

挨拶?

「おはようございます」とか「こんにちは」とかっていうあれでしょ?

そんなの言われなくても出来るよ。

と、思ってる方も多いと思います。

あるいは、

小学生じゃあるまいし!

と、思う方もいるかもしれません。

しかしこの挨拶を甘く見ていると、ほぼ間違いなく仕事は来ないし売れないし上には行けません。

挨拶すらも出来ない人は、まず間違いなく相手にされません。

芸能は「礼に始まり礼に終わる」という世界です。

ある意味、武道とも近いかもしれないですね。

もちろん、色んな人がいますからみんながみんなしっかりやっている訳ではありませんが、しっかりやっていない人ほど売れにくいし仕事も少なかったりします。

芸能の世界で挨拶というと、時間関係なく「おはようございます!」というのは有名ですね。

その日最初に会った人には「おはようございます」。

同じ日に2回目以降有った時は「お疲れ様です」。

帰る時は「お先に失礼いたします」。

最低限この3つは絶対に必要です。

これがね、なぜか判らないのですが不思議な事に出来ない人って意外と多いのです。

この挨拶というのは、スタッフさんだけでなく共演者の方々にもしっかり挨拶をしなければ、それだけで見事に仕事を失うことさえあります。

「たかが挨拶しなかったくらいで」と思っていると、本当に痛い目に合ってしまいます。

前回は謙虚さ、前々回は素直さと書いてきましたが、それらと合わせてこの挨拶というのは、本当に必要なことです。

「素直さ」・「謙虚さ」・「挨拶」

この3つが全部そろってちゃんと出来ていれば、まず現場に参加させて頂く最初のスタートとしては大丈夫でしょう。

これら3つの他に、まず大前提として「やる気」や「熱意」、「志」等も必要ですが、それはまた別の記事で追々書いていきますのでここでは触れません。

本当にやる気が有って熱意と志があった上で、この3つが揃っていて更に上下関係や礼儀礼節に関する事を身につけ、芸事のスキルや経験を積み重ねていく事が出来れば、どこかで芽が出てステップアップしていく事が出来るのではないかと思います。

ちょっと考えてみて下さい。

・いつも素直に話を聞く事が出来る。

・謙虚な姿勢で何事にも取り組む。

・いつも元気よく挨拶をし、欠かさない。

こういう人がいたら、どうですか?

自分が仕事を頼む側だったら、頼みたくないですか?

逆に自分がそういう風に見てもらえたら、良いとは思いませんか?

これを読んでる方で「自分は出来てないかも」と思う方、ぜひ自分を注意深く客観視してみて下さい。

ちょっと注意して、一つ一つやるようにすると、それだけでも、周りからの接し方が変わってくると思います。

逆に全部やってる・出来てるという方。

そういう方はぜひ、そのまま続けて下さい。

これは継続し続ける事が大切です。

という訳で、今回は「挨拶」について書いてみました。

多少なりとも参考にして頂けたら嬉しいです。

ではでは~

--------------------------------------------------------

ただいまV-Creationでは女優・タレント志望の新人を募集しています!

募集要項は事務所のオーディション応募フォームをご覧ください。


出来るだけ負担が無いように、所属費0円、宣材撮影費0円、その他いろいろな面で負担を小さくして活動しやすい環境を構築しています。

お話だけ聞いてみたい方でもOK!

オーディションフォームの募集要項をご覧の上、ぜひご応募ください。

LogoLarge.png

--------------------------------------------------------


この記事へのコメント